の平等と開発»世界銀行の推計では中世紀には、毎年一部の女の子が殺害されたその男女別です。 の範囲に対する暴力は女性のや赤ちゃんなど顕著な偏見の女性、なぜ女性だけるのが想像できれば、インドが変化します。 今後数週間のうちに多くの議論とインドの男性の政治家の 安全保障します。 がほとんど誰もいるかどうかは、安全意しなければいけないのは国民生増加を恐れな脅威によるテロリストは敵の兵士が、社会から生まれます。 インドにいることを忘れての安全性の人も含めたセキュリティの女性の人口です。 インドの早急に講じなければならなアドレスの脅威にこの人口グループから差別への暴力をします。 を補足する編集者:上記の数が実際の出生女子です。 ものに対する暴力は、女性とジェンダードが始まる前でも誕生します。 もともと想定されることは万人に選択的に中断されります。 が、妊婦の技術が進行し、最新鋭の超音波デバイスが普及インドです。 最近の推計から- 百選択的中絶の女性胎児ります。 国の死亡率の乳幼児は生物学的に制御し、死少女比男の子に最適です。 が第三調査の国家保健()を明らかになったのは新生児の死亡率はインドの女の子、男の子に最適です。 の年齢グループの第一人者であり、これまでに、乳幼児死亡率のために女の子は男の子がいます。 報告書の世界銀行の推計インドの失われただけでその他の女の子です。 これらの数値は、歯のインド社会です。 この体系的な吟味できるだけなので、社会に受け入れで政府が耳の耳とブラインドします。 §§インドの刑法制に対する罰則の検討がのり、切迫流産、負傷者を出しを発揮子どもの予防に誕生の子供または 彼の死後の誕生と触子の下での年とする。 何だとお考えの方は刑事訴追は、ここ数年、これらの法律はます。 すべきだと思います。 のレベルに対する暴力は、女の子として-乳児を示してどのように深いインドのバイアスに対し女性が座って、なぜ女性だければインドは国家としては明らかな変化です。 このことが行われていないが、調査結果によると女性比率の年齢って、前回調査す。 単位百万女の生命、低で養われ、教育を受けよそのたすことを目指しています。 の国の人間開発報告書に計算するインドの子どもの栄養失調の比較では、中国です。 第三調査では、国家レベルのときに母親の栄養不足、子どもたち は撃で殺害された。 の教育を受け、母親は低くなる確率はお子様が使用される場合、そのまま廃棄物や自然エネルギーの未来を切ります。 ちなみに、どのようにインド社会の扱いの女性のニットウェアのブランド自分のものに自分の兄弟たち、そのニーズとして、男性-優先するものの姉妹ます。 何が出るかをの女性への暴力をします。 ありませんの見積りの程度は身体的暴力を用いる女の子子供の頃、それは安全なものになると想定できます。 インドの省»女性と子どもの発達を掲載国の子どもへの虐待に関する研究、お子様の調査を被った一つ以上の性的虐待します。 この危険ですので、この限り研究提案の半分以上がインドの子どもが性的虐待、それは確かに広がります。 ることが懸念されますの影響を受け子どもたちに攻撃した人に知り合いも、しばしばあります。 データからの国の犯罪記録局(していることを確認しこのパターンを続ける場合には、日頃より格別のご愛顧を賜る。 年が登録された場合の強さです。 の場合被災者を知っていたの加害者の論理的帰結である男子の成長を信じる女性のみが存在するニーズを満たすための男性です。 以降、しなければならない中で、報告の場合、指定されたデータは氷山の一角にこの犯罪である。 インドの社会では変化します。 のこの平均結婚年齢はまだで、今の指標として低い女性の地位ます。 さらに、これらの事実が弱の女性の増加のリスクを負 影響再現。 が十分なデータは、証の有害なれます。 特に女性の貧しい女性たちがインドのリスクに生ます。 当セットのミレニアム開発目標(開発目標)出生、死亡率のために生ます。 こ低減する必要がある。 このようなことは起こらなくなる。 これまで、インドを低減する妊産婦の死亡率出生します。 万本の出生にインドは、女性の少なくとも中の誕生です。 インドの社会はしばしば無視されていることはもとの接続の問題を抱えてきました。 がインディラ-ガンディのるために発行されたすべての新築住宅は、トイレが非常に少なく住宅のトイレです。 のに必要なのは彼のニーズは、屋外のように文字通りへの招待菜の花ます。 苦情のお申し出、および国立 人権委員会がどのような多くの女性たちが誘拐され又は強かんされ、だれで泊ました。 多くの国では、女の子はお断り代を訪問、学校やきによる親の学校で、校舎はトイレ無しになります。 でも彼女の教育を受ける権利を失う。 では悲しいものですが、これによって、インドの女性の信念は浸透する安全に依存し男じめとして良い行いです。 のたすべての既婚女性に触れる暴力行為に結婚する。 でも、女性に関す可能と夫のビートに彼の妻さんみんなのを知り、彼の言い分は交の際には否定され、子どもたちを放置しない合理的に調理、の疑いがあるの家族のた夫ます。 引用からの報告書:»すべての ありえるの暴力は正当化される場合に記載の行動に違反するかに対する認識と行動のための女性の性別役割として、妻、母、娘。»その当然のありの行為を犯罪に対する暴力は女性です。 インドには大きな問題と人身取引の特別な女性の脆弱で紛争地帯です。 、女性としてクウィッチーズは、ブランドです。 として、あの悲劇などの強制結婚女て殺害されていな結婚の男の子のはなの持し、不要な(外科的に除去の子宮に加入しなければなりません。 を社会に還元するとともに国の間における、安全です。 最も弱い立場にある人は少なくとも安全です。 女性のインドな危険、安全ですので、この 総主教会神を忘れた。 このように、インドの女性の安全に変更する必要がある国がより多くの女性は座欧州議会との政治的および実行が重要です。 それぞれの選択で、希望す。 がインドは変換します。 できない場合があり、安全でないたしませんの尊重を開発し、民主主義であることを誇りに思に緊急に必要な基本的な変化の生活の女性です。 の著者はここに自由に翻訳し原本稿では、国家人権委員会は国家人権委員会です。 かたについて簡単にご紹介する総合的な理解と導入後の保険スキームご家族、貧困ライン以下の行は爆発的に増えていきます。 おそらくいくつかの女性たがい、適切な診断、手術、突然です。 の増加 しかし、その抜本的なことは、虐待、家屋の下に限度焼入-焼戻しの手続きに必要です。 この言語のため、多くの影響を受けた女性です。 問い合わせを始めます。 まされることがないでしょうかクリアされ、操作が必要であった。 が私たちのこれまでの過程で明らかになったの介入»にした場用紙»を使用しています。 最近の報告についての不必要な業務ます。 なぜインドの女性は、トリグサンタリタス氏は、創業者の»万ミス»キャンペーンは、大量殺人は、インドの女性のフェチ心を、カミングアウトすると、ジェノサイド、および世界で戦うために、ここのものとして認識されたことのないように罰せられる、と彼女は説明の彼女の記事»なぜ、破壊、インドの女性として捉えられるべきであるジェノサイド(集団虐殺)とします。»できる支援との闘いにおけるジェノサイド、インドにより、例えば、請願のキャンペーン サインやページのキャンペーンのようにします。

About