ホ億人、インドは世界で七番目に大きます。 その長い歴史センターの重要な取引経路の優良商業-文化が豊富です。 に囲まれた二つの側面による豊富な海岸線、インドに隣接し、東アラビア海の海岸、西ベンガル湾のです。 パキスタンに位置する、インドの北西、中国、ネパールの北、バングラデシュ北東部です。 伸縮約、マイルからのカシミール州の北ケープの南端に、国としての混合物の多くの宗教、キリスト教、ユダヤ、イスラム教、仏教、インドのヒンドゥー教では、ジャイナ教ので、と基本理念としております。■■ の資金ニューデリーにあるセンターの北部では、大陸 ながら都市などのボンベイ(ムンバイやマドラス校(チェンナイ)に位置し、海岸線、東西それぞれです。 その後、苦労するものからイギリス帝国、インドに成功しての独立から、今日では、世界最速の経済成長を続けている国々です。 最近では先進国が続い圧倒的な貧困と貧公的医療の地にある都市化の問題に付属の大気汚染します。 インドの家族の範囲サイズのものを含むものはすべての世代の生活と同じハウスの孤独死者はフェンドです。 ビッグは、美しく、目まぐるし、インドは、多元的、かつ多言語-多民族、居住者が女性となっています。 では、どんなものがあるのを知り、自由、女からこの興味深い国です。 まいになって嫁いですか? ができるものを作って欲しいという結婚を過ごし、残りの人生しゃるのでしょうか? インディアンは、一般に、非常に 親切においても、貧しいな限りにお客様家や商家の子女に大切にされた。 ほとんど異文化を理解していないのに重要で、特に家族や友人、インドショーの健全な尊重を宗教、政府のリーダーです。 インドで、男性が支配するの女性は、通常は差動、特にその父親は、父親に、その夫です。 そんなものを捨て人種、肌の色、信条、かつ黒い皮膚や白い肌は、いくつかのルールや習慣れるのに注意する必要があります前に会議インドの女性です。 の»転生»:死と死後の世界です。 この習慣があり、イスラム教徒(ムスリム)がユダヤ教、キリスト教徒に死者を埋葬墓地には、希望のある生活の死後の楽園、インドの将来の再登場での魂から宗教を信仰していた。 各東洋の宗教にもその独特の信仰などの 体の死を、例えば、死体の要素上の石造りの建物と呼ばれる鉄塔の沈黙を強いられるものでした。 のヒンディー語ものであることを確信している»転生»に魂が生まれたもとで経験を生活のあらゆる局面でのサイクルを停止がでの魂が上昇した高いレベルの存在します。 も深い信仰、価値や重要性色、絵画、ドレッシングの様々な神々によって現れる色合いのレベルの注目は、完成します。 であるという理念のもと色が責任者の健康状態や健康的な環境のもとで、尊敬各部の豊富なスペクトルにおよぶもののなかの一つの特色が彼らの静けさや幸せにつながる。 白色は最高の結果、ほぼすべてのその他の色が反射のスペクトルです。 白空と純度の穏やかで、心身共にリラックスし、心の平穏を内 魂します。 象徴的には、白と真実、調和、幸福、完成度が、時としていると考えられる色の死亡および凍結層で示す負です。 たとえば、花嫁は既婚女性の衣の人もの白、不在の色であると考えられるから不幸との死別する隠すぐそば。 一般的に恵まれた本物の女性の優しさ、暖かさと優しさで、シングルインドの女性はかなり異なる彼女の仲間であります。 謙虚になり、家族向けとめられる価値、古くからの伝統、インドレディース一般に公正妥当と認められる愛と結婚を求める人まで、大切に保護しています。 組織的な場での日常生活のみの世帯およびこの料理の大半はインドの女の子がいくつかあり雇用形態です。 ているスマートなどの教育を受けたものが好きな人留学 行進学得のためにはお金を得る自立します。 しかし、ライフスタイルが慌ただしい仕事や日常の家事には、インドの女性はいまだ非常に得意ですから喜ば彼女の人が国籍する女性は、パーマネント-エキスパートの後、そのパートナーです。 この品質成長すると、吸収から家族や社会に根を伸ばして帰るというジレンマがあります。 ですの伝統、インドは多少異なりますので、他の国で愛、性別、婚姻、いわゆる»結婚もの練習をしてほぼすべてのコミュニティを除き、その都市の中の授業です。 最結婚の間に発生する少年少女の人ほど、人がほとんどない、または全くないの知識を前に自ら結婚まで、各詳細を開催して親します。 このため、結婚ることなく指導からのカップルは、もう としての衝撃行為に情熱を広くと呼ばれる愛と結婚する。 ‘ここではその外側に、白のガイアメリカから、考えてプレーすることを条件としてすぐに彼の足元にはインド亜大陸です。 勝つためには中心との愛の素晴らしいインドの女の子に必要な尊重し、理解の文化と彼女の育成です。 る必要があります、流れのあるインドの概念の結婚が適用され、ほぼすべてのコミュニティです。 でも、心配しないです。 結婚したので、親密さと情熱から脱出す毎に間隙の新しいダ人があまり経験したより多くの女性からの世界です。 がインドはより自由によっ数年前から、その文化はかなり違う世界には、一際大会インドの女性、又は同会議の結果として検索サイトを通じてカジュアルな会議に(タップなどで)カー レストランです。 なお急ぎの駆け込関係を取得するには時間をお知りにな女だが、彼女は確かに必要な時間も窺わせることを彼女に興味を持っているかもしれます。 しかし、場合についても関心があり、彼らはよく見ると見込んでフル時間の関係や結婚だけでなく、カジュアル投げ飛ばします。 そう、ことあるんじゃないでしょうかいの国を訪問するために時間を取の文化や伝統をわかっている女性のお客様の夢です。 有名な料理でお越しの精神んする前に、恋をしないとインドの文化は、その人にそれぞれの生命です。 人とお友明らかにし、そのような豊富な宝物がいくつかの興味深いサイトが、インドの提供の多くの活動を楽しんでいただくための時間を過ごす。 考え食品、市場、スパイスは、 歴史とアーグラのタージマハル、話すとき、地元の人たちや息をのインド生ます。 いて理解しようと努める文化の違い、好ましくは前にしたいと願うようになっている最初の日です。 忍耐は美徳であるが、特に重要なのが出会いから別の民族グループです。 すると、ますので、あらかじめご了承に配慮されていることが幸せと、ごく特殊な夢の女の子は彼女が好きだとい楽しみができます。 最も一般的に、会議における管理の両親を通じて、広界の社会連絡先の»ソート»を開拓の息子、娘は、上記»結婚»する。 男性です。 インドで、男女の平等、インドで、男性優位社会と女性について同じとしての尊厳しいと言ってもよいでしょう。 けられることも少なくないので、女性は選択した場合には日付または彼と結婚する。 に 実際、彼らは絶対に許してはならないの判断などの事前承諾なしに人の家族です。 理解するということを認が確実にする重要な文化が異なることができるでしょうかどうかの決断したいので撮影の前にしたいと願うようになっています。 有名なその優れた美しさ、静かな姿勢をとのように、これらの天使を求めた男性が、世界中からです。 なので、行くことに決める場合は、これまでのこだわりのオープン。

About