ます。 の少なく打ったのは、インドの村サニの世界で最も有名な個性の領域ます。 人はすべての部分からインドは世界中から訪れたと、村-数学教師シン、オーストラリアのチャンネルます。»という言葉を与えたなら»という女神です。 とくしま国際メディアの報告では、信仰され、子ども、その間としての身、ゾウの頭のヒンドゥー»とも呼ばれている。 皮肉なことに などを、主に科学が、いサニ現しているように思われます。 のための健康状態の女の子であるので、親の拒絶するには、医師、さらに医療調査します。 親のいない十分だという事実を認識しておきたいきょう.は、医師の近くの看護師の見ハウスののチームは、の誕生です。 や磁気共鳴スキャンの頭部が提供できるようになり正確な情報の子どものです。 しかし、拒否された両親によると、ます。 ‘提供させていただきましたのスキャンのための無料って対応いたしますが無視されない気がしているのだけれども、引用によるの医師ます。 による親のとクマールの子どもがうまくいっているという。 女の子は食べて、呼吸します。»私は恐れで最初のビット»と女の子の父親日曜日は、キロ北東 ニューデリーです。»博士が言うように誕生し、全ては正常です。 なぜうまく動作します。 する供給口には、その他の赤ちゃん用の吸着を指します。 橋の下に、現地の医師は、反応プリプリのメディアについては過剰な宣伝が展開。 な異常の子は、»泣いたのは、医師のジャーナリストです。 彼女は二つの顔を持つ、非常に正常に生ます。 また、金型での神です。 るかどうかの手術適な、より専門家のやの画明らかにします。 操作れば、いずれの場合には、複数の危険の過程で、特に奇形であることを非常に蒔き、専門家によると、薄いです。 月、女の子が世界のドミニカ共和国の第二のスカルでした。 後の摘出手術は、子どもが死亡した。 昨年、そして二歳でした インドの女の子たちと腕や足の運営会社です。 彼女の両親が、子どもにヒンドゥー教の神、代表的なものである彼女は四つの武器です。 女の子の足り除かれるので、マラソンの操作に成功しました。 オンライン 再現だけを許可し、反社

About