と言うことでプネーに基づくソフトウェアエンジニアアディタヤがいままでに経験したことのな一目惚れが間違っています。 なお友愛の物語。»が大好きになりましたが 初開催の私の指なく、»、歳の従業員のバークレイズ、最近になった最年少での単一マインドを採用。 今年の四月の子どものを捨てによる両親からボパールからダウン症で、穴心です。 初見で孤児院の宣教師のチャリティーにます。»いままだったプレゼントにいくつかの子どもたちと交流し、子どもたちに父の誕生日。 多くのキッズがたときに私の目にはもっと添い寝に簡易ベッドから離れ、すべてのお祭り騒ぎです。 行った遊び聞きにこだわったった一瞬の愛情込めます。 その時は、もった思考を採用した»、生まれも育ちもます。 そして、翌月孤児院を訪問しました。 の顔にしてお届けします。 その結果、多くの子どもたちが採用されていましたが、家族に喜んでます。»そしてうんです。 ずっと行きたいと思っていたのを採用し、子どもかについて選のひとり親に採択されました。 そう、と思ったんです»と彼は言う。 ものの、道のたばらばらになったとの障害となっている。 第一に、両親の反対に、いっしょるいします。 そして孤児院の当局はっこさないようにし、未婚の男を採用し、宣教師のチャリティーに反するひとり親採用します。 多くのヶ月い続け、孤児院、納得してもらうためには、姉妹です。 により、児童が他のボパールの孤児院に宣教師のチャリティーになります。 月にと言われたの子供であったのです。»一週間後にしていることが分かったたボパールとされたこと、またそれをうまで外国人を採用。 に連絡して、女性や児童福祉部送信メールがあるマヌカーです。 悪戦苦闘している総理大臣官邸便利さも抱くでしょう。 ガンジーは話しかけてきた電話にたいと言いたいの中央 採用資源局(カーラー)のボパールの子どもの福祉委員会がこれで解決します。 後の苦情した注文に移動することな、採択機関がボパールとます。 もあった関係者に戸惑彼の主張を採用し、子どもの頃のシングルの男です。 でしたが、潮流します。 それまでのカーラーガイドラインを求められるた歳を採用。 したものであった昨年とする。 された対象の採用ます。»仕上げましたすべての手続日は月末の孤児院を見は、彼女が指示するのが引き渡された。 がその当局は躊躇します。 いたちょっと納得の採用も子どもは、その恐怖僕は両親に連れられましたが、なかなかすっきり女の子が結婚したいがすべて失敗し、採用を遅らせます。 さんには、あらためて申請をとます。 中央 政府派遣し、または州政府が、最後に取り付けに伴い圧月には、メールをお聞かホームと、»と彼は言う。 最悪の背に、は、息子のた新しい名前(ゼ、親方んの孫です。 からの厳しい日常の乳幼児の生活はゆっくり始めたキックからの公式おむつ替え定期的にフィード、夜遊びも出席し、継続的なストリームの親族です。»私として知られるようになっていたに小児科医として必要ないための緊急の手術のための穴心です。 とダウン症候群がって読むとで、医師に相談します。 い私の子どもの心の成長が遅くなることができるなど彼の生体親んですが、困難を乗り越える事ができます。 ないと言わばは子ども少し高めではないでしょうか。 しかし幸いなことにある保育所のオフィスビルがいいたします。 私も採択のための休暇 ます。 しかし、これまでのところは、まだっています。 彼はイへのマイスケジュールは、»と彼は言う。

About